仕事での英語の必要性

「学生の頃にもっと頑張って英語を勉強しておけばよかった」「留学に行っておけばよかった」そう感じている社会人の方はいらっしゃいませんか?

社会人になってから、仕事上で、英語の必要性をより実感したり、英語を話す必要に迫られたりする場面が多くなる場合もあります。
英語を話すことで、より多くの人とコミュニケーションを取ることができます。仕事の幅が広がります。
しかし、多くの社会人は他の資格試験の勉強だったり、日々のタスクに追われたりして、英語を学習する暇がありません。

英語学習が続かない理由

suit
忙しい社会人はどうして英語学習が続かないのでしょうか?
社会人が英語の学習が続かない理由をご紹介していきます。

成長の実感がないから

working
学生の頃は、単語テストが授業中んあったり、定期テストがあったりなど、自分の英語力を知る場面が多く存在しました。
しかし、社会人となった今、自分の英語力を客観的に知るには、英検やTOEICなどの試験に応募して、自ら受験する必要があります。
毎日勉強していても、小さな進歩はなかなか目につきにくいのです。

勉強の方法が分からないから

study
「さぁ、英語の勉強を始めるぞ!」と決意しても、何から手をつけて良いか分からず、結局挫折してしまうパターンも非常に多いのではないでしょうか?
英語の勉強方法は一人一人異なります。
スピーキング、リスニング、ボキャブラリなど、英語のどこの分野のスキルを高めたいのか、目的によっても異なります。
そのため、どのように英語の学習を進めていいか分からず、戸惑う人も多いのです。

毎日疲れてしまうから

tired
仕事と勉強の両立は非常に大変なことです。毎日のタスクに追われ、家に帰ってきても、疲れ切っていて勉強をする気力がないという人も多いのではないでしょうか?
休日に勉強をしようとしても、仕事での疲労感からなかなかやる気が起きず、結局勉強できなかったという声も。

社会人が英語の勉強を続けるには

毎日忙しい社会人が英語の勉強を続けるには、まずは「目標」を設定することが大切です。
例えば、TOEICの目標スコアを設けてもいいいし、海外旅行で英語を使えるようになりたいなどの動機でも構いません。
まずは、どうして英語を勉強をしたいかということと、向き合うことが大切です。

次に、その目標に合わせて、どのような勉強方法が自分にあっているのか模索します。リスニング力を高めるために映画のシャドーイングを始めたり、ネイティブと英語を話す機会を作ったりなど、学習方法は無限に存在します。

スピーキングを高めたいなら

スピーキングは実際に英語を話す機会をたくさんも受けることが大切です。短期留学するのも1つので手段ですし、英会話に通うのも方法の1つです。
とにかく「話す」ことが英語のスピーキングを高める上で大切になります。

英会話パーキーでは無料体験を行っております。「仕事で英語力を高める必要がある」「英語を話す機会を作りたい」という人は、ぜひ英会話パーキーに足を運んでみてくださいね。

無料体験レッスン