こんにちは!蒲田・浜松町の英会話パーキーです。

今回は英語で「シュークリーム」の言い方を説明します!

「シュークリーム」と言うと相手は困惑?

もし、あなたが海外で「私はシュークリームが好きなんだ〜、美味しいよね!」と言ってしまったら、相手の方は困惑してしまう可能性があります。

なぜでしょうか?

理由は “Shoes cream”、つまり「靴のクリーム」という意味として、相手に伝わってしまうからです。

相手は「靴のクリームが美味しいの?」とびっくりしてしまうかもしれません。

では、英語で正しく「シュークリーム」と伝えるには、どう言えば良いのでしょうか?

「シュークリーム」は英語で”Cream puff”

cream puff

「シュークリーム」は英語で“Cream Puff“と言います。
“Puff”には「膨らむ」などの意味があるので、直訳すると、「クリームが膨らんでいるもの」となり、シュークリームをイメージすることができます。

海外でシュークリームと表現したい場合は、この“Cream Puff”を使って表現しましょう。

なぜ日本では「シュークリーム」?

paris

ちなみに、なぜ日本で「シュークリーム」と呼ばれるようになったのでしょうか?

シュークリームはフランスが発祥の地と言われていますが、フランス語で”chou à la crème(シュー・ア・ラ・クレーム)”と呼ばれています。
「シュー」はフランス語でキャベツの意味を持っています。シュークリームの形はキャベツに似ていることから、そう呼ばれるようになりました。

日本では、横浜がシュークリームの発信地となっており、明治の終わりの頃には一般家庭で親しまれていました。

“Cream Puff”を使った例文

“Cream Puff”を使った例文を見て、使い方をおさらいしておきましょう。

“I baked some cream puffs yesterday.”
「昨日、シュークリムを焼いたんだよ。」

“I don’t like a cream puff cause I’m not good at the sweet taste. “
「シュークリームは好きじゃないんだ。その甘い味が苦手なんだよ。」

おわりに

今回の記事では、シュークリームの正しい英語表現についてご紹介しました。
日常で何気なく使っている英語が、和製英語だった!ということもあるかもしれません。

もっと英語に触れたいという方はぜひ、無料体験レッスンに足を運んでみては?

無料体験レッスン