こんにちは!蒲田・浜松町英会話PERKYです。

今回は「メロン」の英単語についてご紹介します。

「メロン」は英語で言うと”Melon

日本語で「メロン」と呼ばれる緑やオレンジの瓜科のメロンは英語で、そのまま”Melon“ですが、海外の”Melon“はウリ科植物自体を意味することがあるので、常にメロン単品を指しているわけではありません。

例えば、マスクメロンを英語でいうと、”Musk“をつけて”Musk-melon“ですし、水分を多く含むスイカを英語でいうと、”Water-melon“です。

ウリ科植物自体は”Cucurbits“と呼ばれ、メロンは”Cucurbits“の中でも果物であると一般的に考えられていますが、ウリ科植物で野菜と分類されているものもあり、その代表例である”Squash“の中でも”Pumpkin“(かぼちゃ)は有名ですね

様々な瓜がありますが、全てがメロンとよばれるのではなく、ウリ科植物の果物と考えられている植物をメロンと呼んでいるのです。

メロンは英語でメロンじゃない?別名”Cantaloupe“?

実はメロンには別の言い方もあります。英語で別名”Cantaloupe“と言ったらメロンのことです。

では”Melon“と”Cantaloupe“の違いはなんでしょうか?

実は、”Cantaloupe“とはマスクメロンのうちの一部を指すと言われています。

麝香という香料によく似た香りがすることが由来で、糖度が高く、希少性の高いメロンのことをマスクメロンと呼んでいますが、進化の中で食感やネット状の模様変化が大きく特質したものを”Cantaloupe“と呼んでいるようです。

私たちが普段見るメロンはマスクメロンが多いようですが、メロンを英語で”Cantaloupe“と呼ぶこともあるので、覚えておきましょう。

Melon“と”Cantaloupe“を使った例文

ここでは”Melon“や”Cantaloupe“を使った例文をご紹介します。

例文.) Mother, please slice the melon in six pieces.

お母さん、メロンを6等分に切ってください。

 

例文.) The company needs to cut the melon equally to maintain credit.

 

会社は信用を守るために特別配当を平等に分配する必要がある。

→”Cut the melon“=特別配当という特別な意味を持つ時があります。

 

例文.) Cantaloupe contains a lots of various vitamins.

メロンは豊富なビタミンを含んでいます。

終わりに

いかかでしたでしょうか?

今回はメロンに関わる英語表現についてご紹介しました。

メロンに二つの英単語があるように、英語にはさまざまな表現があります。

正しい英語を習いたい、英語を話したいと思われる方は、英会話PERKYの無料体験レッスンに参加してみませんか?

ご予約お待ちしております。

無料体験レッスン