こんにちは!
浜松町・汐留、蒲田英会話のパーキーです。

今回はアルバイトを英語で伝える方法についてご説明します!

アルバイトとは?

アルバイトとは期限の定めのある契約をかわして働くことです。

もともとは、明治時代にドイツ語の”Arbeit”から由来した言葉で、海外にはアルバイトという言葉は存在しません。なぜなら、海外では日本のように、正規雇用、非正規雇用で業種形態を分けていないからです。日本には、パートや派遣等、様々な雇用形態がありますが、総じて英語でアルバイトとはなんて言うか?について説明していきます。

free-to-use-sounds-kOuCX7fh50U-unsplash (1)

アルバイトはPart-time Job

アルバイトは英語で”Part-time Job”と言います。海外では”Part-time”(パートタイム)や”Full-time Job”(フルタイム)があり、それ以外にも一日のみの仕事を”Day Job”、週末のみの仕事を”Weekend Job”と呼びます。

“Part-time”では限られた時間で働きますが、”Full time”では労働時間が長く、日本でいうところの正規雇用と同じ立ち位置にあります。

在学期間から企業で、Part-timeで働くことも少なくないので、日本のアルバイトのような雇用形態は特殊とも言えます。

kevin-rajaram-qhixFFO8EWQ-unsplash (1)

アルバイトについての例文

それでは実際にPart-time Jobをしていることを伝える時に、どのように伝えればよいのか、ここではご紹介します。

例文.)  I ‘m working part-time at the bakery in Madison Avenue.

マディソンアベニューのベーカリーでパートタイムで働いています。

例文.) Let’s meet after we finish part-time job.

アルバイトが終わったら会おう。

andrew-neel-ute2XAFQU2I-unsplash (1)

おわりに

いかがでしたか?
日常的に使っている言葉でも、英語にすると思い浮かばないこともありますよね。特に日常に関する単語は一度覚えておくと便利です。

浜松町・汐留、蒲田英会話パーキーではネイティヴの先生からマンツーマンで英語を教わることができますよ!
もっと英語の勉強をしたいけれど、一人ではどうすればいいかわからないという方もぜひ、無料体験レッスンにいらしてくださいね!

無料体験レッスン