こんにちは!蒲田・浜松町の英会話Perkyです。

日常生活でよく使う「横」「縦」という言葉。
実は、日本人が意外と知らない英語ワードだったりします。

例えば、外国人に写真撮影を頼まれたときに、みなさんは「横向きと縦向きどちらがいいですか」と英語で聞けますか?

今回は、そんな「横」「縦」を表す英語についてご紹介していきます。

「横」「縦」の英語表現

「横向きの〜」「縦向きの〜」と言いたいときは、こんな形容詞を使います。

  • 横:horizontal(ホライゾンタル)
  • 縦:vertical(ヴァーティカル)


horizon
は、「地平線」「水平線」のこと。

つまり、横向きは「水平に」というふうに表すんですね。
中学時代にNEW HORIZONという教科書を使っていた方は、聞き覚えのある単語かもしれません。

verticalは「垂直」を表す言葉です。

昔、バーティカルリミットという有名な登山映画がありましたね!
これは、登山やロッククライミングなど上に向かって進んでいく競技で、人間が極限状態に陥る「高度限界点」を指します。

映画の中では、なんと標高8000mで遭難してしまいますが・・・vertical limitというのは、ざっくり言うと「人間が縦方向に向かって進める限界」という意味だということです。

写真の「横向き」「縦向き」は?

写真の横向き、縦向きにも、形容詞の「horizontal」と「vertical」を使うことができます。

では「横の写真と縦の写真、どちらがいいですか?」と英語で聞いてみましょう。

例文:

Would you like the vertial angle or the horizontal angle?

横向きと縦向きどちらのアングルが良いですか?

また、「写真を横向きに撮ってください」という場合は、「横向きに」という副詞をつけます。

  • 横向きに:horizontally(ホライゾンタリー)
  • 縦向きに:vertically(ヴァーティカリー)


副詞にするのは、語尾に「ly」をつけるだけですね!

こちらも英語で例文を挙げてみましょう。

例文:

Could you take a picture horizontaly / vertically?

横向き/縦向き で写真を撮ってもらえますか?

写真だけの「横」「縦」表現もある!

上で説明したhorizonal、verticalはいろんな場面で使えますが、実は写真やページ等について話すとき特有の「横・縦」表現もあります。

  • 横向きの:landscape(ランドスケイプ)
  • 縦向きの:portrail(ポートレイト)


landscape
には、風景という意味もあります。

風景写真を広く撮るときは、横向きで写真も撮りますよね!

portraitは、肖像画やポートレート、つまり人物写真という意味もあります。

たしかに、履歴書の写真も必ず縦向きになっていますよね。

では、こちらも英文を見ていきましょう。

例文:

Could you take a photo in landscape / portrait?

横向き/ 縦向きで写真を撮ってもらえますか?

「横向き」と「横側」は似ているようで違う

ちなみに・・・「横」と聞くと、「side」という単語を思い浮かべた方もいるかもしれません。

海の横のことをシーサイド(seaside)と言ったりしますが、実はsideは「辺」を意味します。

つまり何かに対しての横側であって、物体そのものが横になっているわけではないんですね。

写真の「横向き」の場合は、写真そのものが横向きの状態になります。

なので、横向きと横側は違う!というのも、ぜひ頭の片隅に置いてみてください。

無料体験レッスン