キャビンアテンダントに必要な英語力

外資、国際線など、状況によって求められる英語力は異なります。しかし、採用試験を受けるにあったて目安はTOEIC600のスコアが必要と言われています。

このスコアを持っておくと、採用の際の英語試験が免除になる場合もあります。

 

試験で必要な英語力

flightattendant
キャビンアテンダントになるために受ける試験で必要な英語力はどのくらいのものになるでしょうか?

日系大手航空会社の試験は、英語の試験や面接がある場合がありますので、ある程度の対策が必要になります。
外資系航空会社の場合は、試験で英語が使用されるのが基本です。英語を使用して自分の意思をしっかりと伝えることができるようにしましょう。

 

留学は必要?

studyingabroad
結論から言うと、留学に行ってなくても、キャビンアテンダントになることは可能です。しかし英語力はかなり必要な能力になりますので、国内にいても英語に触れる機会を作る必要があります。さらに、英語で自分の意思を伝えることができるようになる必要があります。
そのために、留学は一つの手段として非常に有効であると言えるでしょう。

 

ちなみに英語でキャビンアテンダントはなんていう?


キャビンアテンダントという単語が使用されることもありますが、最もよく使われる表現は”flight attendant”でしょう。
日本ではキャビンアテンダントという言葉はよく使用されていますね。

 

おわりに

留学なしでもキャビンアテンダントになる程度の英語力をつけることが可能ですが、自分で英語を話す機会を作り、英語を話すという環境に慣れる必要があります。
ぜひ英語力を高めて、キャビンアテンダンへの道に近づいてみませんか?