はじめに

みなさん、こんにちは。蒲田、浜松町の英会話教室パーキーです。

今回も、日常で使える英語を取り扱っていこうと思います。

皆さんは、最近、朝食で何を食べていますか?

僕は、よく「コーンフレーク」を食べています。アメリカ人の間で、コーンフレークはよく朝ごはんとして食べられています。

コーンフレークといえば、2019年の M-1チャンピオンになった、ミルクボーイが漫才の中で扱っていましたね。彼らが優勝したあと、日本で一気にコーンフレークの知名度が上がったような気がします。

さて、本題に入りますと、仮にコーンフレークを朝食として食べている日本人がアメリカ人に、自分の朝食を説明するときに、  Corn flakes しか使えないと思っていませんか?

実は Corn flakesでも十分意味が通じるのですが、より一般的に使われているのは Cerealsですね。

例文で使ってみよう!

例文1:Everyday, I eat cereal for my breakfast.

訳:毎日、私はコーンフレークを朝食として食べている。

例文2:It is common for American people to eat cereal for breakfast.

訳:アメリカの人にとって、朝食としてコーンフレークを食べることは一般的である。

例文3:I would recommend to not eat cereal at night.

訳:私はコーンフレークを夜に食べないようにお勧めする。

例文4:I have visited the famous cereal factory twice.

訳:私は、あの有名なコーンフレーク工場を二度訪れた事がある。

例文5:I would prefer to eat cereal for my snack over Onigiri.

訳:私は軽食としてオニギリより、シリアルの方が良い。

最後に

いかがだったでしょうか。

日本では、コーンフレークという言葉をよく聞く為、「コーンフレーク (Cornflakes)」という表現のみを使ってしまいがちですが、「シリアル(Cereals)」 もあるので、気をつけましょう。同じ意味でも様々な表現があることを忘れないようにしましょう。

今回は、「コーンフレーク」を扱ってみました。

英会話教室パーキーにはこのような英語表現を教えてくれる先生が在籍しています。

無料体験レッスン、ぜひお待ちしています。

無料体験レッスンはこちら