こんにちは!蒲田・浜松町の英会話パーキー スタッフのSYです。

皆さんは英語でメールを送る時、結びはなんと書けば良いのだろう・・・と悩んだことはありませんか?

ビジネスではもちろん、問い合わせをするとき、知り合いに対してメールを書くときにでも使える、そんなメールの終わらせ方についてまとめていこうと思います!

どこに書く?

まず結びの基本的な書き方は以下になります。

・名前の前に結びを加える

・結びの最初の文字は大文字

・コンマを付ける

例 :

Sincerely, 

Nobunaga Oda

それではどのようなものがあるのか見ていきましょう!

心から -Sincerely-

まず一つ目は、とても丁寧な言い方をご紹介します。

 ・Sincerely (発音記号 sɪnsíɚli )カタカナで書くと”シンシアリー”と読み、心からの敬意を込めて」という意味です。

送り先がまだ一度も会ったことのないお客様取引先上司や目上の方などへのメールに使います。

 ちなみに、”sincere” (形容詞) という言葉には、「偽りのない」「誠実な」「本当の」という意味があます。

その他の言い回しとして、Sincerely yours, Yours sincerely

というように、”yours” という単語を付け加えてあなたへの心からの敬意

という表現も使われます。

フォーマルな場面で使える

・Sincerely,

・Sincerely yours,

・Yours sincerely,

敬具 -Regards-

つづいてビジネスシーンや日常の問い合わせなど、ひろく一般的に使えるものです。

・Regards (発音記号 rɪˈgɑrdz) “リガーズ”と読み、「敬意を込めて」という意味です。

もちろん”Rigards”だけでも十分ですが、これに「最も良い」という “best” や、「心から」”kind”、「思いやりのある」”warm” という言葉と一緒に使うことによって親しみや温かさを加えることもできます。

ビジネスでも日常でも使える

・Regards,

・Best regards,

・Kind regards,

 

幸運を -Best wishes-

こちらも普段使いしやすいもので、何度かやり取りしたことのある相手同僚友達など様々な相手に対して使えます。

・Best wishes幸運をお祈りします

Regardsよりやや柔らかさのある表現です。

・All the best全て上手くいきますように」という意味です。

こちらは「I am wishing you all the best. 」の略で、”Best wishes”と同じような意味合いとして使われます。

取引相手から友達まで、幸運を願ってることを表す

・Best wishes

・All the best

その他の結び

これまでビジネスでも使えるような丁寧な表現を紹介してしてきましたが、友達や家族、親しい人に対して使われる表現を最後にご紹介しようと思います。

カジュアルでフレンドリーな言い方

・Take care, 「気をつけてね」

・Lots of love, 「たくさんの愛を込めて」

・With love, 「愛を込めて」

・Cheers, 「またね」

・See you later, 「またね」

これらはビジネスでのメールではカジュアルすぎる印象があるので、主に友人や家族親しい人に対して使うが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こう書いたら失礼なのでは?と心配になってしまう時がありますが、結びは相手を思いやる気持ちがなにより大事だと思うので、その時の状況や、自分の気持ち、送る相手などに合わせて選んでみましょう!

悩まずにメールを書けるように、この記事がお手伝いできていると嬉しいです。

無料体験レッスン