こんにちは!蒲田・浜松町英会話パーキーです。

日本語で「お大事に」と言うときは、基本的に病気がよくなりますように、早くよくなりますようにという意味ですが、英語ではケースごとに適切な言い方があるので、今回は「お大事に」を英語で伝えたいときに使う英語表現についてご紹介します。

「お大事に」は英語で “Take care“か”Get well soon“だけれど・・

よく日本語の「お大事に」は”Take care“や”Get well soon“と訳されますが、その中でも「お身体に気を付けて」という意味で伝えたい時は “Take Care“、「体調がよくなるように」という意味で伝えたい時は”Get well soon“を使います。

Take Care“は手紙の末尾で書くこともあるような、気軽な意味の「お大事に」を意味することが多く、一方”Get well soon“は、健康や体調が悪い人に対して「体を労わってほしい」という意味で伝える際に、使われることが多いので微妙なニュアンスがあります。

状況や相手によって二つの表現を使いこなせるように、積極的に活用して話していきましょう!

「お大事に」の丁寧な言い方

例えば、体調がよくなりますようにという意味で、「お大事にしてください」と丁寧に言いたいとき、”I hope you will ○○“を使います。

I hope you will get well soon“や、”I hope you will feel better“など、アレンジが可能ですが、基本的にこれらは、体調が悪い相手に対して、体調を案じて伝える言葉です。

「ご自愛ください」は英語でいうと “Please take care of yourself

一方、身体を大切にしてくださいという意味で、「ご自愛ください・お大事にしてください」を英語で丁寧に言うと、”Please take care of yourself“または”Please take good care of yourself” です。

なかなか使う機会は多くないですが、手紙の末尾に書いて使うこともあります。

終わりに

今回は「お大事に」と伝える際の正しい英語表現をお伝えしました。

正しい英語だと思っていても、使う場面によって適切な英語があります。

正しい英語を習いたい、英語を話したいと思われる方は、英会話PERKYの無料体験レッスンに是非参加してみませんか?

ご予約お待ちしております。

無料体験レッスン