こんにちは。蒲田、浜松町英会話教室パーキーです。

仕事やアルバイトにつきものなのが「研修期間」。

今回はその「研修期間」って英語でなんというのか例文も混じえてご紹介します!

I’m in my training. ではだめ!

私がカナダに住んでいる友人に

「今研修期間中なんだ!」と返事をしたくて

“I’m in my training!” と、送りました。

そしたら彼に

“What? You’re woking out very hard?” 何?めちゃくちゃ鍛えてるの?

と、言われてしまいました。

そうです。この in training はアスリートの方が体を鍛えている時に使うフレーズなんです。

では、仕事上で自分はトレーニーである事を言いたい時は

英語でなんと言えばいいでしょうか?

研修期間は英語で “probation period”

仕事での研修期間は、“probation period”と言います。

“Probation” は、日本語で見習い期間仮採用期間を主に意味します。

“Period” は、期間時期を意味します。

Probationary period と言う場合もあるそうです。

実際どのように使われるのか、例文を見ていきましょう。

I’m on a probation period at work.

私は今研修期間(試用期間)中です。

All new employees will serve a three-month probation period.

全新入社員の試用期間は3ヶ月とする。

Teachers should have a probationary period of two years.

先生たちの研修期間は2年であるべきだ。

Probation(ary) periodの前後に数字を表す単語を入れることで期間がどれくらいなのか示す事ができます。

Probation periodにはもう一つの意味が…

Probation period はもう一つの意味として執行猶予期間という意味もあります。

なのでいきなり”I’m on my probation period!” と言うと、もしかしたら

“What have you done?!” 何したの!?

と驚き気味に聞かれてしまう事があるかもしれないので注意しましょう。

何か一言仕事での研修だと意味する単語を入れるといいでしょう。

“I got a new job, and I’m currently on my probation period!”

新しい仕事に就いて、今研修期間中なんだ!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

何かと言う機会が多い気がする単語ですよね。

みなさんは私みたいなミスを犯さないでくださいね。

当教室にはこのような素朴な疑問も答えてくれる優しいネイティブの先生がいらっしゃいます。

無料体験レッスンも行っておりますので是非いかがでしょうか?

お待ちしております。

無料体験レッスンはこちら