こんにちは!蒲田・浜松町の英会話パーキーです。

春は転職・転勤の季節ですね。取引先からの電話に対して「●●さんは××支社に転勤となりました」なんてお答えするシーンもあるのではないでしょうか?

そこでここでは「転勤」の英語表現についてお伝えします。

転勤には「transfer」を使う

転勤について説明するときは「transfer」という単語を用いてみましょう。

transferは、名詞としても動詞としても「移動する」という意味で使えます。

会社都合で転勤になった場合

会社の都合で転勤や異動になった場合は、以下のように表現します。

転勤になりました。
I have been transferred.

彼は転勤しました。
He got transferred.

違う部署へと異動になります。
I will be transferred to a different department.

今度、沖縄に転勤になります。
I’m getting transferred to Okinawa.

自分の意思ではなく、会社や上司に転勤・異動させられる状況ですので、受動態になるのがポイントですね!

自分の意思で異動をする場合

では、自分の意思で異動する場合は、どのような表現になるでしょうか?

この場合は、自分から異動しているので、受け身ではなく能動的になるのがポイントです。

東京支社に異動しました。
I transferred to Tokyo branch office.

営業部に異動することにしました。
I will transfer to sales department.

誰かの指示で異動・転勤をするなら受動態自分の意思なら能動態、というふうに覚えておいてくださいね!

転勤を希望するときの表現

もし自分から転勤を希望したい場合は、どのように英語で表現すれば良いでしょうか?

「〜を希望する」という表現として、動詞のrequestを使って「request a transfer to 〜」と言うことができます。

京都への異動を希望するつもりです。

I will request a transfer to Kyoto.

上記の場合では、trasferを名詞として使っています。

「転勤した」を英語で言うと?まとめ

まずは、転勤 = transferで覚えておくことからスタートしてみてください。

そして文章で伝えられそうであれば「She got transferred to 〜」等と説明できると良いですね。

今回は「転勤した」について解説させていただきました。

定型文としてビジネスシーンで使ってみてくださいね。

無料体験レッスン